■サイト内検索
■プロフィール

マッカチンS

  • author: マッカチンS
  • ゆ~かりサーバでまったり、ゆっくり「バキューム」しながら狩っている者です。

    ・リンク関連は自由ですので、バシバシ貼ってOKです。
    ただし「リンクについて」を読んでくださいね♪

    ブログバナーは↑の記事に移動しました。(礼)
  • RSS
  • ■最近の記事
    ■カテゴリ
    ■最近のコメント
    ■月別記事
  • 2017年08月 (6)
  • 2017年07月 (13)
  • 2017年06月 (9)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (11)
  • 2017年03月 (10)
  • 2017年02月 (12)
  • 2017年01月 (9)
  • 2016年12月 (14)
  • 2016年11月 (12)
  • 2016年10月 (13)
  • 2016年09月 (17)
  • 2016年08月 (18)
  • 2016年07月 (20)
  • 2016年06月 (20)
  • 2016年05月 (25)
  • 2016年04月 (21)
  • 2016年03月 (26)
  • 2016年02月 (24)
  • 2016年01月 (24)
  • 2015年12月 (24)
  • 2015年11月 (25)
  • 2015年10月 (26)
  • 2015年09月 (14)
  • 2015年08月 (13)
  • 2015年07月 (6)
  • 2015年06月 (11)
  • 2015年05月 (8)
  • 2015年04月 (7)
  • 2015年03月 (12)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (11)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (10)
  • 2014年09月 (9)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年05月 (11)
  • 2014年04月 (8)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (11)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (7)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (11)
  • 2013年08月 (15)
  • 2013年07月 (12)
  • 2013年06月 (11)
  • 2013年05月 (10)
  • 2013年04月 (15)
  • 2013年03月 (15)
  • 2013年02月 (11)
  • 2013年01月 (9)
  • 2012年12月 (12)
  • 2012年11月 (13)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (12)
  • 2012年08月 (12)
  • 2012年07月 (17)
  • 2012年06月 (10)
  • 2012年05月 (15)
  • 2012年04月 (14)
  • 2012年03月 (13)
  • 2012年02月 (13)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (14)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (24)
  • 2011年08月 (20)
  • 2011年07月 (16)
  • 2011年06月 (7)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (9)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年02月 (11)
  • 2011年01月 (16)
  • 2010年12月 (14)
  • 2010年11月 (13)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (30)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (19)
  • 2010年04月 (16)
  • 2010年03月 (15)
  • 2010年02月 (17)
  • 2010年01月 (19)
  • 2009年12月 (20)
  • 2009年11月 (18)
  • 2009年10月 (19)
  • 2009年09月 (20)
  • 2009年08月 (20)
  • 2009年07月 (15)
  • 2009年06月 (13)
  • 2009年05月 (17)
  • 2009年04月 (17)
  • 2009年03月 (17)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (14)
  • 2008年12月 (20)
  • 2008年11月 (17)
  • 2008年10月 (19)
  • 2008年09月 (18)
  • 2008年08月 (14)
  • 2008年07月 (19)
  • 2008年06月 (16)
  • 2008年05月 (18)
  • 2008年04月 (19)
  • 2008年03月 (18)
  • 2008年02月 (20)
  • 2008年01月 (17)
  • 2007年12月 (20)
  • 2007年11月 (22)
  • 2007年10月 (22)
  • 2007年09月 (20)
  • 2007年08月 (21)
  • 2007年07月 (20)
  • 2007年06月 (21)
  • 2007年05月 (21)
  • 2007年04月 (21)
  • 2007年03月 (24)
  • 2007年02月 (20)
  • 2007年01月 (25)
  • 2006年12月 (23)
  • 2006年11月 (26)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (23)
  • 2006年08月 (25)
  • 2006年07月 (23)
  • 2006年06月 (19)
  • 2006年05月 (25)
  • 2006年04月 (23)
  • 2006年03月 (23)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (26)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (23)
  • 2005年10月 (29)
  • 2005年09月 (28)
  • 2005年08月 (32)
  • 2005年07月 (30)
  • 2005年06月 (27)
  • 2005年05月 (30)
  • 2005年04月 (31)
  • 2005年03月 (32)
  • 2005年02月 (23)
  • 2005年01月 (1)
  • ■リンクサイト様                    ワタクシの趣味のオススメサイト様
    ■アクセスカウンタ                    何だかんだで300万HIT感謝
    衝撃を与えたゲーム達
    さて、皆さんこんばんは。



    本日は、台風の関係で帰宅が遅くなってしまいまして、更新時間がこんな時間に・・・。(汗)

    で、ちょっと昨日はIN出来なかったので、雑記ネタでお送りします。(礼)
    一応メイプル外記事ですので、続きの方に・・・。
















    さて、本日の本題です。



    今回は衝撃を受けたゲームのEDについて。


    どんなゲームでも目指すところは感動エンディングですよね。(昔はスタッフロールのみも多かったですが)
    ワタクシも数多くのゲームのEDを目にしてきましたが、その中でも強く印象に残った作品を数点紹介していきたいと思います。





    その1
    聖剣伝説1
    聖剣伝説(Ⅰ)
    言わずと知れた旧スクウェアを代表する名作ソフトですね。

    初めてプレイしたのは小学生の頃だったでしょうか、当時は単なるアクションゲームとして遊んでいて特別ストーリーを気にもしていませんでした。
    ただ、エンディングだけは「あれ? こんなんになっちゃうんだ・・・」 と感じましたね。


    で、大人になってからプレイすると・・・、涙なくしては語れないエンディング・・・。
    最後は一言で言えば悲しいのですが、そうするしかない主人公の気持ちを考えると胸が熱くなります。


    是非とも、主人公は「自分の名前」、ヒロインは「大切な人」の名前でプレイして欲しい作品です。(デフォルトの名前は無い)







    その2
    ライブアライブ
    ワタクシがモーレツプッシュしている事で有名(?)のLIVE A LIVE
    中世編エンディングです。

    当時プレイしたのは中学生の頃でした。
    終盤、オルステッド(主人公) に降りかかる、数々の災難、不幸。(やっている方もいたたまれなくなる程)
    そして、最後にたどり着いた魔王山での出来事に当時は絶句でした・・・。


    ここまで印象の強いエンディングはそうは無いと思います。
    今では結構ネットでも有名ですが、知らない方には一度プレイして欲しいですね。(但し中世編をプレイするには他の7つのシナリオをクリアする条件があります)






    その3
    銀河の3人
    銀河の三人
    任天堂発売の隠れた名作のRPG。

    知名度は低いかと思われますがゲームシステム音楽共に高レベルで、名作といっても良い作品です。
    ただ、最終ダンジョンの難易度のみが非常にキツくここで投げ出してしまう人が多数・・・。(汗)


    初めてプレイしたのは、小学生の頃でしたが、パスワードの書き写しミス(汗) でやる気が失せて辞めてしまった記憶があります。
    高校生の頃にファミコン再燃の時期がありまして、再チャレンジ!

    が! 先ほど書いた最終ダンジョン鬼畜難易度挫折・・・。
    結局クリアできたのは、数年前でのチャレンジででした。



    エンディングの方は、聖剣伝説に近いところがあるかもですね。
    ただ、悲しみの成分はこちらのが↑です。

    主人公とリミのお互いの気持ちを伝え合いつつのラストシーンは涙なくしては語れません・・・。(大人になってから見てよかった・・・)







    その4
    カエルの為に
    カエルの為に鐘は鳴る
    こちらも任天堂から発売されました、アクションギャクベンチャーソフト。(メーカー発表のジャンル)

    絶世の美女を言われるティラミス姫を救い出すため、二人の王子が笑いあり涙ありのドタバタ劇をおくる作品。
    常に明るい雰囲気でニコニコしながら出来るオススメの良作。



    エンディングは比較的ありふれたハッピーエンドなのですが、最後の最後の一言してやられます。(笑)

    名作を誉れ高い任天堂ゲームなのですが、未だにリメイクがされていない珍しいゲームでもいあります。(GBカラー版は出ましたが)
    もしDSでリメイクとでもなれば、また購買意欲がかき立てられそうです。(笑)








    今回紹介するのはこの辺までですかね。

    どれも古いゲームなので、今プレイするにはそれなりの環境が必要ですが、もしできる環境であれば1度はプレイして欲しいものです。

    一応この4本のゲームは全て動画サイト様にプレイ動画がありますが、見るのであれば全編通して見て欲しいです。
    でないと感動出来ないので・・・。(汗)
    スポンサーサイト
    未分類 | 23:57:41| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    どれもこれもプレイしたことあるもので懐かしいですね♪
    せいけんとライブアライブはクリアまで行ってないんですよorz
    2、3、LOMはやりつくしましたけどね!
    (元々アクションRPG好きはここから始まりました)

    ライブアライブならあるのでやってみますかねー
    (それよりメイプルにINしてるほうが楽しいですが)

    また週末サクチケの関係で思いっきり狩るかもしれないので
    時間合いましたらお城でも♪
    2011-09-22 木 12:16:53 | URL | dieb [編集]
    タイトルでアニメのEDとかかと思いましたw
    2011-09-22 木 16:21:14 | URL | ああ [編集]
    聖剣伝説、やりましたっ!!感動の作品ですよねっ!
    アクション苦手なわたしも頑張ってエンディング迎えました。

    あと、パスワード・・・
    あまりにも何度も打ってたから記憶に焼き付いてるモノが
    あります。おもいっきり無駄(´゚ω゚):;*.':;ブッ
    2011-09-22 木 20:05:29 | URL | へっぽこふぐ太郎 [編集]
    返信遅れました3
    diebさん>
    毎度です♪
    おお! ちょっとでも共感して頂いて嬉しい限りです!

    ライブアライブ(中世編) は本当に衝撃の内容なので、一度はやって欲しいとおもいます。(半ば押し付け)

    世の中連休の様なのですが、ワタクシはちょっとお休みではないので、配布されたサクチケは全く使えない感じですね。
    ただ、時間があいましたらまた狩りなりよろしくです。(礼)


    ああさん>
    こんばんは。
    むむ「アニメ」に関する言葉は特別書かなかったとは思うのですが、なにか似たタイトルの曲がありましたかね?



    へっぽこふぐ太郎さん>
    こんばんは。
    少しでも共感して頂いて嬉しい限りです。
    聖剣はアクション要素は結構「ゴリ押し」でも行ける点が多いですからね。
    終盤「せいしん」が上昇すれば殆どの攻撃が「突撃攻撃」になりますので、ボス戦もそれなりに倒せますからね。


    パスワードの暗記は、俗に言う「ウラ技系パス」なら結構暗記していますね。(もょもと等)
    2011-09-22 木 23:45:19 | URL | まっかちん [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する